【Node.js】環境構築メモ

概要

Node.jsの環境構築メモ。
作業はzshで行っています。

1.nodenvのインストール

Node.jsのバージョンを管理するためにnodenvを使用します。
基本的には以下公式の手順通りにインストールを進めていきます。

https://github.com/nodenv/nodenv

まずは以下を実行しHomebrewを使用してnodenvをインストールします。

brew install nodenv

インストールが完了したら以下を実行し、nodenvの設定を追記します。

echo 'eval "$(nodenv init -)"' >> ~/.zprofile

パスを通したらシェルを再起動しパスが通っていることを確認しましょう。

exec $SHELL -l
nodenv --version

nodenvのバージョンが出力されていれば完了です。

2.Nodeのインストール

以下を実行しインストール可能なNodeの一覧を出力します。

nodenv install -l

表示された一覧からインストールしたいNodeのバージョンを指定して以下を実行します。

nodenv install 18.6.0

インストールしたバージョンを適用するために以下を実行します。

nodenv global 18.6.0

Nodeのバージョンを確認し、インストールしたバージョンが表示されていれば完了です。

node --version

参考にした記事

WSL2 + Ubuntu + nvm + TypeScript の環境構築の備忘録 | TOMONO Tech-Blog

Homebrewを使用してNode.jsをインストールする – Qiita

関連記事

  1. 【React×TypeScript】環境構築メモ

  2. 【Node.js】バージョン管理をVoltaに移行する

  3. 【Git】②GitHub アカウント作成

  4. 【Kotlin×Ktor】環境構築+静的Webサイト作成【構築編】

  5. 【Git】①Git for Windows インストール手順

  6. 【Git】環境構築メモ

最近の記事

  1. AWS
  2. flutter

制作実績一覧

  1. Checkeys