【ETC】フロント開発環境構築(VSCode,WSL,Github)

etc

1. 概要

フロント開発環境構築について記載します。下記のツール等を使い構築していきます。

  • Visual Studio Code
  • WSL2
  • VSCode と WSL2を連携
    • Extensions「Remote – WSL」
      • Hot Reload
  • Node
  • Angular
  • Git
  • VSCode と Githubを連携

対象としては開発を1年程やってて自分で最初から構築してみたい方になります。そのため細かい用語などの説明はしません。

2. Visual Studio Codeのインストール

2-1. こちらのサイトにアクセスし、ダウンロード後デフォルトでインストール

3. WSL2のインストール

3-1. こちらのサイトを参考にインストール

管理者の PowerShell または Windows コマンド プロンプトに次のコマンドを入力し、コンピューターを再起動することによって、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) を実行するために必要なすべてをインストールできるようになりました。

wsl --install -d Ubuntu

4. Extensions「Remote – WSL」のインストール

4-1. VSCodeのExtensionsにて「Remote – WSL」で検索後、表示されたらインストール

5. WSL上でNodeをインストール

5-1. 上記3で立ち上げたWSL上で実行

❯ sudo apt update

❯ sudo apt install nodejs npm

❯ sudo npm install n -g

❯ sudo n lts

5-2. インストール確認

❯ node -v
v16.4.2

❯ npm -v
8.5.0

❯ n --version
v8.1.0

6. Angularプロジェクトの生成

6-1. Angular CLIのインストール(WSL上で実行)

> sudo npm install -g @angular/cli

> ng --version

     _                      _                 ____ _     ___
    / \   _ __   __ _ _   _| | __ _ _ __     / ___| |   |_ _|
   / △ \ | '_ \ / _` | | | | |/ _` | '__|   | |   | |    | |
  / ___ \| | | | (_| | |_| | | (_| | |      | |___| |___ | |
 /_/   \_\_| |_|\__, |\__,_|_|\__,_|_|       \____|_____|___|
                |___/


Angular CLI: 13.3.2
Node: 16.14.2
Package Manager: npm 8.5.0
OS: linux x64

Angular:
...

Package                      Version
------------------------------------------------------
@angular-devkit/architect    0.1303.2 (cli-only)
@angular-devkit/core         13.3.2 (cli-only)
@angular-devkit/schematics   13.3.2 (cli-only)
@schematics/angular          13.3.2 (cli-only)

6-2. Angularプロジェクトの生成(WSL上で実行)

> ng new my-app

6-3. サーバーを立ち上げる(WSL上で実行)

> cd my-app

> ng serve

✔ Browser application bundle generation complete.

Initial Chunk Files   | Names         |  Raw Size
vendor.js             | vendor        |   1.70 MB |
polyfills.js          | polyfills     | 297.35 kB |
styles.css, styles.js | styles        | 176.03 kB |
main.js               | main          |  47.66 kB |
runtime.js            | runtime       |   6.51 kB |

                      | Initial Total |   2.22 MB

Build at: 2022-04-11T13:40:40.671Z - Hash: 7e191c689cc0345a - Time: 42133ms

** Angular Live Development Server is listening on localhost:4200, open your browser on http://localhost:4200/ **

✔ Compiled successfully.

6-4. ブラウザで確認

7. Linux(WSL)上のソースコードをVSCodeで修正

7-1. VSCodeを立ち上げる(WSL上で実行)

  • もう一つWSLを立ち上げて実行する
> cd my-app

> code .

7-2. VSCode上でソースコードを修正

  • 修正ファイル
    • src/app/app.component.ts
  • 修正箇所
    • title
      • 修正前:my-app
      • 修正後:Hello World

7-3. 保存するとWSL上で「Hot Reload」され、同時にブラウザも更新される

✔ Browser application bundle generation complete.

Initial Chunk Files | Names   | Raw Size
main.js             | main    | 47.67 kB |
runtime.js          | runtime |  6.51 kB |

3 unchanged chunks

Build at: 2022-04-12T11:46:43.200Z - Hash: 0a09b2f8a35cd603 - Time: 550ms

✔ Compiled successfully.
  • 「my-app」⇒「Hello World」に変わりました

8. Gitのインストール

8-1. こちらのサイトにアクセスし、ダウンロード後インストール

9. VSCodeからGitHubへPush

9-1. GitHubへログイン

9-2. Add

  • 「+」をクリック

9-3. Commit

  • 「✔」をクリック

9-4. Commit Message

  • コミット内容を記載

9-5. Push

9-6. レポジトリの選択

  • Private repositoryを選択

9-7. GitHubへPush完了

9-8. GitHub画面にログインして確認

10. 参考

関連記事

  1. etc

    【ETC】Log4Shellの脆弱性(CVE-2021-44228)を…

最近の記事

  1. flutter
  2. GAS
  3. flutter
  4. flutter
  5. etc

制作実績一覧

  1. Checkeys