22年6月 isub オフライン全社会

BBQ

コロナ感染者数が減少し、旅行や会食が少しずつ規制緩和されてきた2022年6月、isub全社会を都内で行いました!

現在9割ほどの社員がリモートワークを行っており、地方在住の社員も多いisub。

遠く沖縄、岡山などからも集結してくれました。久しぶりに直接会えるとやはり嬉しいですね♪

新橋の会議室にて全社会スタート!

代表あいさつ 

『個を強め、和を栄えられる』

自分のために会社をうまく使って自分を高めていく、そしてそれが結果として会社を成長させていく。現在社長が社員の皆さんと注力して行っているのは、目標設定の部分。

1から全てを教えるのではなく、自分で課題を設定し、どうその課題を達成するのか、目標設定と確認を社長と行いながら、自分で考えて課題解決できる人材育成を行っています。

②今回の目玉、LT!

私はLTと言われて最初「LTってなんだ?」と思いましたが(;^_^A

LT(Lighting Talk)です。

「Lightning」は「雷」や「稲妻」のことで、「雷や光のように素早く終わるプレゼン」という意味だそうです。IT業界でのイベントで、特に技術者の間でこの手法が用いられるそうです。

今回はひとり5分と設定し、テーマ自由で全員行いました。正直やる前は「LTなんて無理~(~_~;)」と思ってましたが、やってみたら結構楽しく、他の皆さんのLTも個性あふれていて聞いていてとても楽しかったですし、自分にとっても自信につながったのではないかと思います。

③技術共有会

代表と社員の有志が実演しながら、今回はFlutterとDockerについて技術共有会を行ってくれました。

開発の画面を見ながら説明を聞くことができ、大変参考になりました。

そして、全社会は終了。

→→お台場へと移動→→

お台場でBBQ!

こまめに感染対策を行いながら行ったBBQ。材料も全て用意された会場だったため、手軽にでき準備も片付けも簡単でしたし、屋外で換気は抜群!、立食なので移動しながら皆さんと話すこともでき、とても良い会食になりました。

筋トレやダイエットの話に花を咲かせたり、開発について社長に質問したり、似たような作業を行っている人同士で技術共有をしたりと、充実した時間になったのではないでしょうか。

写真の為にマスクを外しましたが、基本マスク会食を行いました。

楽しかったね♪みんなで夜景を楽しみながら、ワイワイと歩いてホテルに向かいます。

ヒルトン東京お台場ホテルで1泊

翌日は自由行動。美味しい朝食を食べてそれぞれの時間を満喫してから、皆さん各地に戻られました。

これからも、社員の皆さんがスキルとモチベーションアップできるような全社会を楽しみにしています。

関連記事

  1. 総務省“LINE使用中止”

  2. GenetrationZ

    Z世代の採用や人事で心がけるもの

  3. レモンサワー戦国時代!!

  4. 感染力を持つ『Clubhouse(クラブハウス)』ってご存じでしょうか…

  5. 脱ハンコに賛成の方はハンコください!!

  6. コロナ禍のオフィス

    コロナ禍でのITエンジニア採用状況

最近の記事

  1. flutter
  2. flutter
  3. flutter
  4. flutter
  5. flutter
  6. flutter
  7. BBQ
  8. flutter

制作実績一覧

  1. Checkeys