【Flutter】2回目以降のリリース,Android,iOS

flutter

1. 概要

今回は開発(改修)したアプリを、2回目以降にリリースする内容となります。

対象としては開発を1年程やってて自分で最初から開発してみたい方になります。そのため細かい用語などの説明はしません。

2. Android

2-1. 新しいバージョンを設定

  • pubspec.yaml
version: 1.0.1+1

2-2. 下記コマンドを実行

  • flutter clean
  • flutter build appbundle

2-3. 新しいリリースを作成

  • Release
    • Production
      • Create new release
  • App bundles
    • Upload
  • Release details
    • Release name
    • Release notes
  • Review release
  • 「Start rollout to Production」で審査待ち
  • 数時間後、公開される

2-4. Androidアプリ

3. iOS

3-1. Xcodeでプロジェクトの設定

  • 「Runner」をDouble click
    • 「General」タブ
      • 「Version」は「1.0.1」
      • 「Build」は「1」
    • 「Signing & Capabilities」タブ
      • 初回時の設定が保存されてるため、不要だが、必要な場合は下記
        • 「Release」タブ
          • 「Automatically manage signing」チェックを外す
          • 「Bundle Identifier」App Store Connectで設定したバンドルID
          • 「Provisioning Profile」App Storeリリース用のProfile

3-2. 下記コマンドを実行

  • flutter clean
  • flutter build ios

3-3. ビルドを実行

※Sign Inされてる事を確認(Error Finding App Store Connect Cr… | Apple Developer Forums

  • 「Xcode」→「Product」から「Archive」を選択し、実行

3-4. Archiveの検証とApp Store Connectにアップロード

  • 今回ビルドしたものを選択し、「Validate App」を実行
    • 「App Store Connect distribution options:」から下記3つにチェックを入れてNext
      • Strip Swift symbols
      • Upload your app’s symbols
      • Manage Version and Build Number
    • 「Select certificate and iOS App Store profiles:」から下記2つ選択してNext
      • Distribution certificate:
      • Runner.app:
    • 「Review Panko.ipa content:」内容を確認し、Validate
    • 「Done」で終了
  • 今回ビルドしたものを選択し、「Distribute App」を実行
    • ※Validateが成功したのでアプリをApp Store Connectにアップロードする。
    • 「App Store Connect」を選択しNext
    • 「Select a destinations:」から「Upload」を選択し、Next
    • 「App Store Connect distribution options:」から下記3つにチェックを入れてNext
      • Strip Swift symbols
      • Upload your app’s symbols
      • Manage Version and Build Number
    • 「Select certificate and iOS App Store profiles:」から下記2つ選択してNext
      • Distribution certificate:
      • Runner.app:
    • 「Review Panko.ipa content:」内容を確認し、Upload
    • 「Done」で終了

3-5. TestFlightに配信してベータテスト

  • 「輸出コンプライアンス情報」を適切に選択

3-6. iOSアプリをApp Storeに配信

  • 「App Store Connect」
    • 「App Store」
      • 左上の「iOS App」の「+」で新規バージョンを作成
        • ビルド・リリース
          • このバージョンの最新情報:
          • ビルド:TestFlightで動作確認したビルドVersionを選択して追加
          • バージョンのリリース:自動リリースを選択
            • ※2回目なので「このバージョンを自動でリリースする」を選択
        • 設定が完了したら、「保存」→「審査用に追加」をする。
        • 「App Reviewに提出」

3-7. 審査待ち

  • 審査完了
  • App Review
    • 完了
  • 「自動リリース」を選択したため、自動リリース(公開)される

3-8. iOSアプリ

4. 備考

今回リリースしたPankoの紹介ページ

5. 参考

投稿者プロフィール

Sondon
開発好きなシステムエンジニアです。
卓球にハマってます。

関連記事

  1. 【Widget of the Week】#4 AnimatedCont…

  2. 【Widget of the Week】#5 Opacity

  3. flutter

    【Flutter】Cloud Firestoreと連携

  4. flutter

    【Flutter】GoogleMapを使用したアプリの開発について P…

  5. flutter

    【Flutter】画面をキャプチャし画像として保存

  6. flutter

    【Flutter】PlatformviewとWebViewを使い、ネイ…

最近の記事

制作実績一覧

  1. Checkeys