【AWS】AWS LambdaとAmazon DynamoDBを使ってCRUD APIを開発(Management Console上)

AWS

1. 概要

前回はAmazon DynamoDBを「PartiQL for DynamoDB」で操作する内容でした。今回は「Lambda」と「DynamoDB」をつないでCRUD APIを開発する内容となります。

2. AWSアカウントにサインアップ

2-1. 前提条件

3. テーブルを作成

3-1. テーブルを作成

【公式】Amazon DynamoDBとは(マネージド NoSQL データベース)| AWS

4. Lambda関数を作成

4-1. Lambda関数を作成

  • 関数名
    • http-crud-tutorial-function
  • 実行ロール
    • AWS ポリシーテンプレートから新しいロールを作成
      • ロール名
        • 「SimpleMicroserviceAccessRole」を入力
  • ポリシーテンプレート – オプション
    • 「シンプルなマイクロサービスのアクセス権限」を選択

4-2. コードの置き換え

import { DynamoDBClient } from "@aws-sdk/client-dynamodb";
import { DynamoDBDocumentClient, ScanCommand, PutCommand, GetCommand, DeleteCommand } from "@aws-sdk/lib-dynamodb";

const client = new DynamoDBClient({});

const dynamo = DynamoDBDocumentClient.from(client);

const tableName = "http-crud-tutorial-items";

export const handler = async (event, context) => {
  let body;
  let statusCode = 200;
  const headers = {
    "Content-Type": "application/json"
  };

  try {
    switch(event.routeKey) {
      case "DELETE /items/{id}":
        await dynamo.send(
          new DeleteCommand({
            TableName: tableName,
            Key: {
              id: event.pathParameters.id
            }
          })
        );
        body = `Deleted item ${event.pathParameters.id}`;
        break;
      case "GET /items/{id}":
        body = await dynamo.send(
          new GetCommand({
            TableName: tableName,
            Key: {
              id: event.pathParameters.id
            }
          })
        );
        body = body.Item;
        break;
      case "GET /items":
        body = await dynamo.send(
          new ScanCommand({TableName: tableName})
        );
        body = body.Items;
        break;
      case "PUT /items":
        let requestJSON = JSON.parse(event.body);
        await dynamo.send(
          new PutCommand({
            TableName: tableName,
            Item: {
              id: requestJSON.id,
              price: requestJSON.price,
              name: requestJSON.name
            }
          })
        );
        body = `Put item ${requestJSON.id}`;
        break;
      default: 
        throw new Error(`Unsupported route: "${event.routeKey}"`);
    }
  } catch (err) {
    statusCode = 400;
    body = err.message;
  } finally {
    body = JSON.stringify(body);
  }

  return {
    statusCode,
    body,
    headers
  };
};
  • 置き換え後「Deploy」

5. HTTP APIを作成

5-1. HTTP APIを作成

  • 「HTTP API」を選択
  • API名
    • http-crud-tutorial-api

6. ルートを作成

6-1. ルートを作成

  • 「メソッド」と「パス」をそれぞれ選択・入力(4つ)
    • GET /items/{id}
    • GET /items
    • PUT /items
    • DELETE /items/{id}

7. 統合を作成

7-1. 統合を作成

  • この統合をルートにアタッチする
    • スキップ
  • 統合タイプ
    • Lambda関数
  • Lambda関数
    • 「http-crud-tutorial-function」を入力

8. 統合をルートにアタッチ

8-1. 統合をルートにアタッチ

  • 左メニュー(ペイン)からルート(パス)を選択
  • 既存の統合を選択する
    • 「http-crud-tutorial-function」を選択
  • 統合をアタッチする

※すべてのルートを繰り返しアタッチ

9. APIをテスト

9-1. URLを取得

  • 「詳細」ページ
    • URLを呼び出す

9-2. APIの呼び出し

  • 9-2-1. 項目の作成または更新
curl -X "PUT" -H "Content-Type: application/json" -d "{\"id\": \"123\", \"price\": 12345, \"name\": \"myitem\"}" https://1234567890.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/items

“Put item 123”

  • 9-2-2. すべての項目を取得
curl https://1234567890.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/items

[{“price”:12345,”id”:”123″,”name”:”myitem”}]

  • 9-2-3. Console画面で確認

  • 9-2-4. 1 つの項目を取得
curl https://1234567890.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/items/123

{“price”:12345,”id”:”123″,”name”:”myitem”}

  • 9-2-5. 項目を削除
curl -X "DELETE" https://1234567890.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/items/123

“Deleted item 123”

  • 9-2-6. すべての項目を取得
curl https://1234567890.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/items

[]

10. リソースをクリーンアップ

※必要に応じ削除

  • DynamoDBテーブルを削除
  • HTTP APIを削除
  • Lambda関数を削除
  • Lambda関数のロググループを削除
  • Lambda関数の実行ロールを削除

11. 備考

Amazon DynamoDBをPartiQLで操作する内容でした。

12. 参考

  1. チュートリアル: Lambda と DynamoDB を使用した CRUD API の構築 – Amazon API Gateway

関連記事

  1. AWS

    【AWS】Redash on EC2 が突然 502 Bad Gate…

  2. AWSのロールプレイングゲーム「AWS Cloud Quest」を触っ…

  3. AWS

    NuGetパッケージの管理で「このソースでは利用できません」と表示され…

  4. AWS

    【AWS】Amazon DynamoDBを使ってみる(Manageme…

  5. AWS

    【AWS】AWSアカウントを作成し、マネジメントコンソールにサインイン…

  6. AWS

    【AWS】Lambdaを使ってみる

最近の記事

  1. AWS
  2. AWS
  3. AWS
  4. AWS
  5. AWS
  6. AWS
  7. AWS
  8. AWS

制作実績一覧

  1. Checkeys