【AWS】Amazon DynamoDBを使ってみる(Management Console)

AWS

1. 概要

前回はAWS API Gatewayを開始する内容でした。今回はAmazon DynamoDBを触ってみたので、その内容となります。

今回は「AWS Management Console」で操作する内容となります。次回は「AWS CLI」で操作する内容を予定してます。

2. AWSアカウントにサインアップ

2-1. 前提条件

3. テーブルを作成

3-1. テーブルを作成

【公式】Amazon DynamoDBとは(マネージド NoSQL データベース)| AWS

  • 下記を入力し、作成
    • テーブル名
      • Music
    • パーディションキー
      • Artist
    • ソートキー
      • SongTitle

3-2. ポイントインタイムリカバリ (PITR)の有効化

※「バッグアップ」タブを選択後、編集

4. データの書き込み

4-1. データの書き込み

  • 「テーブルアイテムの探索」を押す
    • 「項目を作成」を押す
      • データを3つ(3レコード)作成

5. データをクエリ

5-1. データをクエリ

  • 「クエリ」を選択後、下記を入力し、実行する
    • Artist (パーティションキー):Acme Band
    • SongTitle (ソートキー):次で始まる:Happy
    • フィルター
      • 属性名:Awards
      • タイプ:数値
      • 条件:次と等しい
      • 値:10

6. グローバルセカンダリインデックスを作成

6-1. グローバルセカンダリインデックスを作成

  • [パーティションキー] に「AlbumTitle」と入力
  • その他はデフォルトで

7. グローバルセカンダリインデックスをクエリ

7-1. グローバルセカンダリインデックスをクエリ

  • 「クエリ」選択後
    • テーブルまたはインデックスを選択:「インデックス – AlbumTitle-index」を選択
    • AlbumTitle (パーティションキー):「Somewhat Famous」を入力
    • 実行する

8. リソースをクリーンアップ

※必要に応じ削除

9. 備考

Amazon DynamoDBをAWS Management Consoleで操作する内容でした。次回はAWS CLIで操作する内容を予定してます。

10. 参考

  1. Amazon DynamoDB とは – Amazon DynamoDB

関連記事

  1. AWS

    【AWS】AWS SAMを使いCLIでLambda関数をデプロイ(Ty…

  2. AWS

    【AWS】Lambdaを使ってみる

  3. AWS

    【AWS】Lambdaのバックアップ、復元

  4. AWS

    【AWS】AWS LambdaとAmazon DynamoDBを使って…

  5. AWS

    【AWS】Amazon DynamoDBを使ってみる(CLI、Part…

  6. AWS

    【AWS】AWS SAMを使いCLIでDynamoDBやLambda関…

最近の記事

  1. AWS
  2. AWS
  3. AWS
  4. AWS
  5. AWS
  6. AWS
  7. AWS
  8. AWS

制作実績一覧

  1. Checkeys